冷蔵庫 送る

冷蔵庫 送る

『新しい引越し先に冷蔵庫1個だけを業者に依頼して送る』なんて、そんなことができるのだろうか。
引越しといっても、大きな荷物が少ない場合、こうした状況になることは珍しくはありません。

 

ただそういった引越しが初めての場合、『冷蔵庫1個だけなんて依頼できるのだろうか』とか、『小さい冷蔵庫と大きな冷蔵庫で依頼方法が異なるのだろうか』とか、『料金はどうなってるんだろう』など、いろいろ疑問に思うことがあるはずです。
ここではそんな疑問にお答えする情報をご紹介していこうと思っています。

 

ご挨拶が遅れましたが、私は、宅配業と引越業、どちらでも働いていた運搬・引越しのプロです。
宅配業者に依頼するメリットデメリット、引越し業者に依頼するメリット・デメリット。
どちらも知り得た立場から、あなたにとって有益な情報をご提供していけたらな、と考えています。

 

冷蔵庫を送るとき、一番おすすめなのは、引越し業者になります。
部屋の中から、外まで養生しながら運んでくれることがメリットです。

 

佐川の宅配便や、ヤマトの宅急便では、玄関まで重い冷蔵庫を自分で運ばなければいけないので、女性や一人暮らしの方では難しいです。

 

引越し業者は冷蔵庫1個だけでも、喜んで引き受けてくれます。家の中まで入って、壁も気づ付けないようにしながら対応してくれますよ。

 

引越し業者への依頼を安くするなら、一括見積もりサイトが便利です。
複数社へ1分で料金を確認することができます♪

 

料金が高いなと思えば、キャンセルもできるので、一度使ってみないと、損ですよ!

 

⇒今すぐ冷蔵庫の送料を調べれるサイト

 

冷蔵庫を送りたい!まず確認する事は?

冷蔵庫 送る

冷蔵庫だけを送る場合、まず冷蔵庫のサイズと重量を確認してください。
なぜなら、それによってふさわしい依頼先が変わるからです。

 

もし一人でも運べるサイズの小さな冷蔵庫なら宅配業者に、一人では運べないサイズの大きな冷蔵庫の場合は引越し専門業者に依頼するのが料金的にはオススメ。
小さな冷蔵庫も引越し業者に頼むことはできますが、その場合は宅配便に比べて料金は割高となります。
しかし料金が上がる分、宅配業者より様々なメリットもあります。

 

宅配業者に依頼する一番のメリットは、料金が安く抑えられる点ですね。
しかし、宅配業者に依頼する場合、冷蔵庫の梱包や玄関先までの移動、新居での設置は自分でやらなければいけないのがデメリットです。
小さな冷蔵庫とはいえ、素人が完璧に梱包するのはなかなか大変ですので、後で梱包についてお話しますね。

 

料金的には宅配業者より高くなりますが、引越し業者は専門的な梱包技術と運搬技術をもっているので、梱包が出来ない場合や、冷蔵庫を自力で移動させる事が難しい場合、冷蔵庫が大きい場合は引越し業者に頼む事を強くオススメします。
冷蔵庫は精密機械なので、下手に自力で動かしてしまうと、室内の傷を作ってしまったり、冷蔵庫自体が故障する可能性もあるのです。

【冷蔵庫を送る準備】コンセントは前日に抜いておく

冷蔵庫の引越しで一番大事なポイントがコチラ。
引越し前日に冷蔵庫のコンセントを抜きます。
宅配業者に依頼する場合でも、引越し業者に依頼する場合でも、この作業は必ず必要です。

冷蔵庫 送る

冷蔵庫内の食材などは引越し前に使いきれるように調整し、
調味料などはクーラーボックスに保冷剤を入れておくと安心です。

 

なぜ前日にコンセントを抜いておく必要があるのでしょうか?

 

その理由は、冷蔵庫内の水を抜いてしまう為。

 

冷蔵庫の下には、冷蔵庫内の水がたまるような受け皿が設置されています。
この水は、冷蔵庫や冷凍庫内にあった霜などが溶けた水。
コンセントを抜いて後、冷気を失ったせいで冷蔵庫内の霜などが溶けて、水がたまるんです。
そのたまった水を、受け皿から捨ててください。

 

もし前日にコンセントを抜いておかなかった場合、運搬途中に霜などが溶けて、水が沢山漏れてきてしまいます。
冷蔵庫から出た水で、トラックの中の他の荷物や、新居を水浸しにしてしまうので絶対に前日にコンセントを抜いておきましょう。

 

冷蔵庫の機種によって受け皿の設置されている位置は違うので、引越し前に必ず受け皿の位置を確認しておいてください。
受け皿が取り外せないタイプの冷蔵庫もあるのですが、その場合は極力冷蔵庫を傾けないように注意して運ぶしかありません。

 

依頼を受けてくれる業者にも、排水出来てない事は必ず伝えておいてください。

【冷蔵庫を送る準備】宅配業者に依頼する場合は梱包と養生

※ 引越し業者に依頼する場合は、この作業は不要です。梱包から設置まで行ってくれます。

冷蔵庫 送る

宅配業者に依頼する場合、冷蔵庫の梱包と、冷蔵庫を運ぶ為の室内の養生をする必要があります。

 

梱包の方法ですが、エアパッキン(プチプチ)で包むだけでは梱包されたとはみなされません。
冷蔵庫に段ボールなどで全面を包む。その上から巻き段ボールやエアパッキンで梱包。
それをPPバンド(荷造り用のバンド)で固定すれば完璧です。
もちろん、事前に受け皿から水を排出した上で梱包してください。

 

色々と資材も必要となりますが、きっちり梱包し宅配便で送れば送料は安く抑える事が出来るでしょう。

 

次に養生の事ですが、冷蔵庫に限らず、家具家電を部屋に運び入れる時、壁にぶつけたり床を引きずったりしてはいけません。
重く大きさのある家具家電がぶつかると、簡単に室内に傷が付いてしまうのです。
そのため、室内には万が一に備え、養生をしておいた方が良いでしょう。
養生に必要な道具は、ホームセンターなどでも販売されています。

 

冷蔵庫 送る

最後に、室内の移動ですが、冷蔵庫内部に水がたまっていることもあり、本体を倒すのは良くありません。
梱包前に受け皿から排水していても、まだ水が残っている可能性もあります。
そのため、冷蔵庫は基本、立てたまま運ばなければならないのです。

 

比較的小さなサイズの冷蔵庫でも、立てたまま運ぶのはなかなか大変です。
なるべく二人以上の男手があった方が良いですね。

万が一に備えて。引越し業者なら保険に入っているから安心

冷蔵庫を送る事に関して、最後にお伝えしたい注意点が一つあります。

冷蔵庫 送る

 

それはサイズに関わらず冷蔵庫は壊れやすいものであり、運搬にはそれなりに技術と人手が必要だということです。

 

運搬途中に万が一倒して壊れても、宅配便の場合はどうすることもできません。
宅配便の場合は、保険に入っていないので保障されないのです。

 

しかし、引越し業者なら保険に入っているので、万が一のことが起こっても損害賠償請求することができます。
冷蔵庫に傷をつけてしまった場合、冷蔵庫が壊れた場合、もちろん家の壁に傷がついても保障されます。
室内もしっかり養生するので、そんな事は起こり得ませんが、万が一に備えているので安心です。

 

以上の点から見て、高級な冷蔵庫、買ったばかりの冷蔵庫の場合は、サイズが小さくても引越し業者に頼んだほうが安全です。

冷蔵庫だけ送る引越し、依頼してもいいの?

冷蔵庫 送る

冷蔵庫1個だけ送るなんて気が引ける、という依頼者もいるかもしれませんが、それは心配無用です。
なぜなら、冷蔵庫1個だけの運送にも各社対応しており、引越しでも宅配でも、あらかじめ少ない荷物をターゲットにした運送サービスを展開しています。

 

したがって遠慮せずに、冷蔵庫1個だけの発送を依頼してみましょう。

 

むしろ、依頼する業者をどこにするか、いつ送りたいのか、送り先の距離、業者の混み具合などによって料金は大きく変動します。
損をしないためにも、業者の料金や相場の比較についてはチェックを怠らないようにしてください。
それに加えて、どうやったら安全な方法で運べるかという点を考えておくことも大事です。

損しない”冷蔵庫だけ送る”料金相場の調べ方

宅配業者に依頼した場合は、値段が安く済む分、色々と手間もかかってしまう…。
しかし引越し業者に依頼する場合はどれくらいの値段になるのだろうか?

 

そのような疑問も、しっかり解決したいと思います。

 

引越し業者の相場を調べるには、各社のホームページや比較サイトなどで詳細をチェックすることができますし、直接問い合わせて情報を得ることもできるでしょう。
あなたの状況(引越時期・距離・荷物の量など)や、請け負う業者の状況によって料金は大きく変動します。

 

効率よく業者の見積もりを比較する方法としてオススメなのが、無料の一括見積もりサイトを利用する方法です。

 

冷蔵庫 送る

 

このサイトでは、引越し先との距離、運ぶ荷物の量、いつ頃引っ越すのか、など入力する事で、最大10社の引越し業者に見積もりを作ってもらう事が出来るのです。

 

その見積もりを見比べれば、最安で冷蔵庫を送ってくれる業者が見つかります。
また、宅配便と悩んでいる人も、引越し業者最安料金を確認する事で答えが出ると思いますよ。
無料で利用出来ますので、一度確認してみてください。

 

⇒引越し価格ガイド


問合せ